第241回 番組審議会議事録

  1. 開催年月日

    平成29年3月13日(月) 午後1時30分~午後2時30分

  2. 開催場所

    吉本興業株式会社 会議室

  3. 委員の出席

    • 委員総数:6名
    • 出席委員数:4名
    • 出席委員の氏名:松浦雅則/横山 勝/千秋育子/千田伸幸
    • 欠席委員の氏名:中井政嗣/熊谷真菜
    • 放送事業者側出席者の氏名:大塚陸(番組担当者)/岩本重義(事務局)/久保利子(事務局)
  4. 議 題

    1. 近況報告・ご挨拶
    2. 「NMB48 井尻晏菜&上枝恵美加 Unlimited」番組説明および審議
  5. 議事の概要

    社側より近況報告および挨拶があり、議題2)について社側から番組説明が、続いて委員により審議が、下記の通り行われました。

  6. 審議内容

    社側:
    本日ご審議いただきますのは、
    「NMB48 井尻晏菜&上枝恵美加 Unlimited」です。
    この番組は、今年の2月に始まったばかりの新番組で、毎週金曜日の23時30分から24時放送の30分録音番組です。毎月第1・3週の内容更新となります。NMBの中でも年齢が高くふたりとも22歳で、アイドルではありますが30~40代の大人をターゲットに始まった番組です。番組内ではNMBグループの話よりも個人の話が多いです。アイドルという枠にとらわれずに、unlimited、制限なしにトークを繰り広げるバラエティ番組です。提供スポンサーは、株式会社ゆきあいという、関西を中心に介護事業を展開されている会社です。
    ご審議よろしくお願いいたします。
    まずは本日ご欠席のAさんBさんからご感想を頂いていますので、ご紹介します。

    (Aさんの感想)
    さわやかでとてもよかったです。でもふたりが笑いすぎなので、聞いていて、どうしてそんなに笑っているのかわからない。でもとてもよかったです。

    (Bさんの感想)
    おふたりのナチュラルなトークと間にはいる音楽で、ながら聴きするにはいい感じでした。話し方や口調も特に気になるところはなく、ファンにとってみたら、すごく受ける内容だったのかもしれません。ファン限定番組としての位置づけならいいのですが、もし新たなファンを獲得するとなると、もう少し練られた内容・テーマが挟まれている方がよいとも思います。冒頭でお花のプレゼントの話がありましたが、あれはやらせっぽくて不自然に感じました。特にお花の名前が出てこなかったので。いずれにしてももっと効果的に使わないともったいないと思いました。

    以上です。
    では、ご審議よろしくお願いいたします。

    委員長:
    では順番にお願いします。
    委員C:
    最初から早口なので、何を言っているのかわからなくて集中するまで初めの5分くらいは頭に入ってこなかった。トークは、井尻の声・まとめ方・つっこみなど聴きやすく、上枝は少し幼さがある感じ。2人で番組をするのにはちょっと足りないかな。内容は女子トークだけで中身がない。NMBの宣伝、曲・振付・踊りなどに関しては良かったです。
    委員D:
    この手の番組には耳がついていかない。一度聴いて分からなくて、2回聴いたけど、すみません、頭に入ってこなかった。22歳は若いね。これからいろんな知識を得て、勉強して内容をもっと充実させてほしい。ずっとこのふたりがやっていくなら少しずつ向上していってほしいですね。
    委員E:
    Aさんと同じ意見で、笑いすぎというのが多い。でも全体的には聞きやすかった。下着や体形の話、火事の時の話など、へぇーと思う話もあって、また聴きたいと思いました。ただのアイドルだけの内容ではないなと思いました。
    委員長:
    がやがやしすぎて聴きにくい番組だったかな。スポンサーさんの企画なのか、番組があってあとでスポンサーついてもらったのか?ファン向けの番組?ファン限定なのか?他の曜日にもNMBの出演がありますが、メンバーは別なのか?などいろいろ思いながら聴きました。
    社側:
    スポンサーさんは、特にNMBが好きというわけではなく、番組ありきでのご提案でした。NMBのファン層と、スポンサーさんの会社で働く人たちの年代が同じではないかというところで、番組を聞いている人に、会社名を知ってほしいというご希望でした。今後はもう少しスポンサーさんに寄り添った番組作りの方向も出てくるかもしれません。まだスタートしたところなので、考えるところはあると思います。
    委員長:
    NMBが出演している他の曜日とも合わせて、ファンの囲い込みもありかなと思いますね。
    委員C:
    NMBは48人ですか?
    社側:
    チームは3つあるので、もっといます。
    委員C:
    難波にいるのに、地域の人は誰も知らない現実。もっと何か一緒にできればいいなと思います。もったいないなと。
    委員E:
    番組にこのふたりを選んだ理由とかあるのですか?
    社側:
    はじめに「おとな」を選ぶときに、井尻はうまいので使いたいなというのはありました。上枝とは仲がいいし、英語も喋れるので決まりました。
  7. その他

    1. 審議機関の答申または、改善意見に対してとった措置及びその年月日

      な し

    2. 審議機関の答申または、意見の概要を公表した場合におけるその公表内容、方法、年月日

      公表内容・・・審議の内容
      公表方法・・・事務所への備置
      自社の放送(平成29年4月26日[水] 21:58から放送
      自社インターネットホームページに掲載(平成29年4月26日[水]より掲載)
      URL http://www.yesfm.jp

    3. その他の参考事項

      な し