第245回 番組審議会議事録

  1. 開催年月日

    平成29年11月6日(月) 午後1時30分~午後2時30分

  2. 開催場所

    吉本興業株式会社 会議室

  3. 委員の出席

    • 委員総数:6名
    • 出席委員数:5名
    • 出席委員の氏名:松浦雅則/中井政嗣/横山 勝/千秋育子/熊谷真菜
    • 欠席委員の氏名:千田伸幸
    • 放送事業者側出席者の氏名:田仲豊徳/河瀬伸一郎(事務局)/久保利子(事務局)
  4. 議 題

    1. 近況報告・ご挨拶
    2. 「鈴木智貴のまにまにレディオ!」番組説明および審議
  5. 議事の概要

    社側より近況報告および挨拶があり、議題2)について社側から番組説明が、続いて委員により審議が、下記の通り行われました。

  6. 審議内容

    社側:
    本日ご審議いただきますのは、9月にスタートした新番組「鈴木智貴のまにまにレディオ!」です。
    この番組は、毎週木曜日の20:30~21:00、30分間の生放送です。
    YES-fmの新しい取り組みとして、関西で活躍するアーティストの中から、SNSを駆使して個人で活動している人とのコラボ番組をふたつスタートさせました。そのうちの一つです。
    ウクレレプレイヤーの鈴木智貴さんは、2016年のウクレレ世界チャンピオンで、ライブ・CD製作販売・動画配信など個人で活動されています。
    この番組は基本はトーク番組で、ウクレレの生演奏を一曲入れています。また、鈴木さんのYouTube チャンネルに、番組の音声のみをアーカイブとして残しています。画面は静止画です。そのために著作権フリーの音源と鈴木さんのオリジナル曲のみで制作しています。
    今回は特別にゲストをお迎えしての生演奏2曲という内容でした。ゲストは沖縄在住のシンガーソングライターのなゆたさんです。
    本日は委員Aさんはご欠席ですが、ご意見はちょうだいしていません。
    ご審議よろしくお願いいたします。
    委員長:
    では順にご意見ご感想をよろしくお願いします。
    委員B:
    生放送ということで、ちょっとびっくりしたのですが、生放送はいいな、と思います。これがうまく続くといいなと思います。いつもはアシスタントさんがいるのですか?
    社側:
    はい、いつもは、アシスタントが一人いてのトークです。
    委員B:
    だからですね、鈴木さんがひとりというのが慣れていないようだったので、最初は、ちょっと心配な感じでした。でもなゆたさんがすごくよくて、しかも生放送でそれをやっているというのが、私は聴きながらすごくスタジオ内のイメージが膨らんで、聴くことができたので、面白かったです。なゆたさんがいない場合はどんな感じになるのだろうと心配しながら聞いていましたが・・・。昨今ウクレレブームがあるようで、小学生のプレイヤーも出てきているようですが、鈴木さんってすごいんだなと思いましたし、ウクレレがうけている理由もわかったような気がします。すごく面白いなと思いました。タイトルの「まにまに」の意味がちょっとわからず、どうなのかなとは思いましたが、ずっと聞いていたらわかるのかなとも思いながら聴いていました。
    なゆたさんと昨日曲を作りました、とかライブ感が感じられて良かったと思いました。
    社側:
    実はリスナーとの手作り番組ということで、タイトルもリスナーに募集して始まった番組でした。「まにまに」というところが決まっていなかったのですが、「波のまにまに」「流れのままに」という意味で、彼の代表的なオリジナル曲のタイトルにもある言葉ですので、それに決まりました。
    委員C:
    私はこの鈴木さんはウクレレ奏者としては優秀だと思いますし、あまりウクレレプロの方はなじみがないので、ギターなら押尾コータローさんが有名ですが、そのあとを行く人ではないかなと思いました。テクニックもおありなようですし。おしゃべりも、自分ではあまり上手ではないように言っていましたが、私がリスナーとしては、非常に耳触りがよく、また次も聴きましょうかと思えたので、違和感なく良かったと思いました。27歳ですか、この感じでいかれたら、将来が楽しみだと思います。
    委員D:
    私も一回聴いたらすべてわかるほど、ゆっくりしゃべっていたし聴きやすくて良かったと思いました。昨日実は知り合いの人に連れられてライブハウスに行ったのですが、すごくうまいとか面白い人たちがたくさんいてて、でも私は知らなかったんですね。ウクレレプレーヤーも普通ではなかなか知る機会がないと思います。だからこういう番組はすごくいいなと思いました。私は鈴木さんも好きですけど、なゆたさんはだいぶん好きになりました。ちょっと喋り方が上からの感じで、どうかな、と思いましたが、歌や声がすごく良くて、「なゆた」の自己紹介の歌もいい感じでしたね。鈴木さんも前からなゆたさんのことを知っていたとのことなので、有名な人なんだと思いました。
    でもなかなか知る機会がないので、こういう大阪のアーティストさんをフューチャーするのはいいと思いました。そしてとても聴きやすかったです。

    委員E:
    鈴木さんは喋りも良かった。生放送ということで、でも最初のフリートークで、例えばお天気やその時の状況は触れていないので、話の中に生放送感がなかったので、もったいないなと思いました。公開生放送ですか?
    社側:
    いいえ、公開はしていない番組です。
    委員E:
    あ、そうなのですね。生放送というと、1階のサテライトスタジオでの公開かなと思って聴いていました。なゆたさん、声に特徴があって、アドリブの歌のセンスがすごくいいなと。すぐにネットでどんな人なのか調べましたね。なゆたさんは英語ができるから、曲も英語の部分がよかったですね。
    なんばみなみって誰?って聴きながらちょっとひっかかりました。
    社側:
    レギュラーの時にアシスタントしている人です。
    委員E:
    そうですか。聴きやすかったし、よかった、30分があっという間に終わってしまいました。言うことなしです。
    委員長:
    私も、これ生放送なのか!?と思ったくらい、曲とかのクオリティーがすごく良かった。生放送ですよ!って、もっとアピールした方がいい。スタジオで今即興で歌っているの?レベルが高いな!すごいな!ともっと思ってもらえるはず。番組説明があったので私は生放送とわかったけど、そうじゃなかったら、生放送と思わず聴いていたかもしれないのでちょっと残念。ら行が苦手、というのは、もう個性として、そのままでいいのですよね!?なゆたさんやリスナーからもいじられていましたもんね。それなら、前面に出してもいいのかなと思いますね。アナウンサーじゃないので、そのへんはいいのですよね。ひとりで初めて進行だったとのことで、最後のプレゼント発表のところはぐだぐだになったのがちょっと残念でしたね。これからもがんばってほしいと思います。
    唯一残念なのが、放送曜日時間ですね。日曜日のお昼にこの番組(データ―)を聴いたのですが、よかったですよ!昼下がりにぴったり!と私は思いました。ゆったりといい感じで聴くことができました。

    委員E:
    生放送なのに公開しないのはなぜですか?もったいないなと思います。

    社側:
    サテライトスタジオや地下スタジオの状況や、スタッフなどもろもろの状況で、今は公開できない理由があるのですが、また検討いたします。ありがとうございました。
  7. その他

    1. 審議機関の答申または、改善意見に対してとった措置及びその年月日

      な し

    2. 審議機関の答申または、意見の概要を公表した場合におけるその公表内容、方法、年月日

      公表内容・・・審議の内容
      公表方法・・・事務所への備置
      自社の放送(平成29年12月12日[火] 21:58から放送)
      自社インターネットホームページに掲載(平成29年12月12日[火]より掲載)
      URL http://www.yesfm.jp

    3. その他の参考事項

      な し