第195回 番組審議会議事録

  1. 開催年月日

    平成25年1月15日(火) 午後1時00分~午後2時00分

  2. 開催場所

    千房 千日前店

  3. 委員の出欠

    • 委員総数:7名
    • 出席委員数:4名
    • 出席委員の氏名:松浦雅則/中井政嗣/横山 勝/境 有紀子
    • 欠席委員の氏名:西 克二/千秋育子/千田伸幸
    • 放送事業者側出席者の氏名:田仲豊徳/田中英司/大塚陸(番組ディレクター)/岩本重義(事務局)/久保利子(事務局)
  4. 議 題

    1. 近況報告・ご挨拶
    2. 「ビーフケーキのオンスト」番組説明および審議
  5. 議事の概要

    社側より近況報告および挨拶があり、議題2)について社側から番組説明が、続いて委員により審議が、下記の通り行われました。

  6. 審議内容

    社側:
    本日ご審議いただきます番組は、「ビーフケーキのオンスト」です。昨年9月から始まった番組で、毎週水曜日16時からの2時間番組です。ご存じのように、オンストの主なリスナーは女子高生から主婦層です。10代から20代がターゲットですが、男性にもお聞きいただいています。月曜から金曜日まで放送しているオンストの中でも、群を抜いてメールやリスナーからの反響を多くいただいています。二人のしゃべりの巧みさと型にはまらない自由さが受けているのかなと思います。今回はその中からいくつかのコーナーをお聞きいただきました。よろしくお願いします。
    ではまず、本日ご欠席のAさんからのご意見をご紹介します。
    Aさんの意見紹介:
    可もなく不可もなく、というのが一番の印象です。声や話し方・リズム、お笑いのコンビがやっているなという印象で、元気な感じが良かったです。身内の変わった人(先輩・後輩)ネタが入ったり、個人的なホントかウソか自分の話(歯医者やイソジン)がイマイチ普通な感じはしましたが。FAX・メールが多いのも頷けますね。余談ですが、ゲストの諸見里さんに爆笑して聞きいってしまいました。
    委員長:
    では、Bさんから順にお願いします。
    委員B:
    声のトーン・話し方は元気でよかったです。内容は、コーナーがちゃんとあるのにもかかわらず、ダラダラと日常的なしゃべりで、あまり印象には残らなかったです。ファンが多いとのことですが、ファンではない人にとっては、ただの無駄話に聞こえました。曲でもっと12月、クリスマスなどのムードを演出できたらもっとよかったと思います。
    委員C:
    2時間番組ですね。2時間を使いこなすというのは、相当な力量がいると思います。そういう意味では実力はあるのかな。自分が若かった時にラジオを聞いていたころのことを思うと、まぁ、こんなものかな、と思います。今の私にとっては、長くてずっと続けては聞いていられなかったです。吉本の話題が多かったので、もう少しバラエティーに富んだ話題が欲しいです。
    委員D:
    2時間の生放送、生放送にもかかわらず、全く生の雰囲気が感じられなかった。収録でもよいようなネタばかりだったと思います。人気があるとのことですが、あーまたこんな内容の番組か・・・と、ダレている中身です。このレベルでリスナー・ファンがいるのが理解できない。他局の放送を聞いてみてほしい。中身がなく、リスナーを巻き込むようなテクニックも感じられず。選曲は良かったけど、曲とトークがかみ合っていない。ウダウダで、中身がなくダレている。これではもう一度聞いてみたいとは思わないです。もっともっと、生放送としての構成・枠組みを考えてほしい。ゲストコーナーやメッセージは一応あるけど、ダラダラとして区切りのない感じ。ネタをもっと事前に打合せしてメリハリをつけて欲しい。これが面白いという感覚についていけません。もっと勉強して欲しいと思います。
    委員長:
    オンストは、若手芸人の登竜門だと思っていますので、まあ、こんなものなんだろうと思いました。今回2時間番組を1時間に編集してあるものを聞かせてもらいましたが、曲はいらないのでもっとトークを最後まで聞かせてほしかったです。フェイドアウトせずに編集してください。5時台のコーナーはなくて、1回聞いてもわからず2回目に聞いてやっとわかりました。初めて聴いた人にもわかるような説明が欲しいです。まぁ、芸人なので、言葉づかいが悪いのはしょうがないのかなと思いますが。
    委員D:
    それはだめです。公共の電波ですから。中身のないものを30分以上聞かされるのはつらかったです。生放送の雰囲気がなく、放送が12月19日だったら、年末やクリスマスですが、そんな雰囲気も感じられなかった。その時の話題を持ってくる技量がない。吉本の芸人も結構ですが、イエスエフエムとしてもっと聞かせるものを提供して欲しい。若手で勉強中、というならそれがわかればそれなりに聞くのかもしれませんが。 ファンが多いとのことですがレベルが低い。自由が売りといいますが、ルールがあっての自由。やりたい放題という意味では困る。個性は良いが、基礎ができていないとだめ。2時間どうやって進行するかは構成が大事。コーナーはコーナー、きちんとわけないと。聞いていてどれがどれかわからないくらいメリハリがないので、とても聴きにくかった。ディレクターとしてしっかり注意するところはして欲しいですね。作家はいるのですか?反省会はあるのですか?番組中の指示などはどうなっていますか?
    社側:
    はい、構成作家がタレントとすり合わせはしています。作家も出演者もともに26~27歳くらいです。本番では打合せにない話になったりもするので、もっと構成とディレクターでしっかりタレントを引っ張っていかなくてはいけませんね。本番中はカンペで指示を出すくらいです。
    委員D:
    面白い番組というのは、今回の話が次回へつながるから、いつも聴いている人も面白いし、今回初めて聴いた人にも面白い。ディレクターも作家も、メールやはがきを選別してその構成を指示する。 その意図が消化できない芸人はだめですし、作家も打合せや反省会を大事にしてほしい。
    委員E:
    いい番組づくりの基本はそういうことなのでしょうね。
    社側:
    この番組は自由さがウリで、ファンが多いのもそこが好きなのだろうと思っていましたが、初めて聴いた人にはわかりづらいというのは課題です。もう少し分かりやすくして、リスナーの裾野を広げたいです。ありがとうございました。
  7. その他

    1. 審議機関の答申または、改善意見に対してとった措置及びその年月日

      な し

    2. 審議機関の答申または、意見の概要を公表した場合におけるその公表内容、方法、年月日

      公表内容・・・審議の内容
      公表方法・・・事務所への備置
      自社の放送(平成25年2月15日[金] ヨシモト*chatterbox!内)
      自社インターネットホームページに掲載(平成25年2月15日[金]~)
      URL http://www.yesfm.jp

    3. その他の参考事項

      な し