オンスト(木)TOPに戻る

木曜日のオンスト

2016/6/30 O.A

『 YES THEATER サテライトスタジオ 』 から生放送!

2016.6.30.2

「ちょっと、謝ってもらいたいことがあるんやけど」とこうへいさん。
「いや、俺のほうが謝ってもらいたいで」と負けずに応戦するゆうへいさん。
リスナーさんにどちらが悪いかジャッジしてもらおうということで始まったのは
『お母さんの誕生日会』でのお話。
その日は地元の堺で営業があった後に居酒屋で家族そろっての誕生日会。
盛り上がったので仲良くそのまま2軒目へ。
そして電車まで時間があったので実家に寄っていくことに。
と、ここでテンションの上がったお母さんが見たこともない赤と青の布団を敷きだしました。
お母さんからの温かい心遣いでしたが、次の日は朝早くから仕事があるということで、
こうへいさんは帰ろうと、ゆうへいさんを見るとソファーでごろ寝。
その光景をみたこうへいさんは、兄であるゆうへいさんが泊まっていくことで、
親孝行をしようとしていると思い、ほっこり感動しながら帰宅していましたが・・・。
LINEにゆうへいさんから届いたメッセージは・・・・
「何で、起こさんねん。いま俺、歩いて帰ってんねん。今からタクシー乗るけど全額お前が出せよ!」とのこと。
「うっそーーーーん!!!!!」とこうへいさん。
こうへいさんの感動的な妄想は大ハズレで、ゆうへいさんは普通に帰りたかったんだそう。
どちらが悪いか決着はつきませんでしたが、お母さんが敷いてくれた赤と青の布団には、
ちょうど真ん中にお姉さんが寝てしまっていたそうです。
=========================

16時台のゲストは、たわた さん!

2016.6.30.1

沖縄出身のたわたさん。2年間、沖縄に帰ってなかったですが
見取り図さんの単独ライブのVTR撮りで強制的に帰ったんだそう。
2年ぶりにもかかわらず、ドッキリで帰ったため、お母さんも「なになに?会社でトラブった?」
と60歳とは思えない若者言葉で驚いていたそう。
久しぶりに友達と遊んだりと楽しかったそうですが、
強制送還なのに、帰りの交通費は自腹だったそうで、
「お金なかったらどないすんねん!」とお怒りのたわたさんでした。

2016.6.30.3

「バトルオワライヤルNGK」

【出演者】
バッファロー吾郎/ケンドーコバヤシ/ハリウッド・ザコシショウ(SMA NEET Project)
土肥ポン太/千鳥/吉田裕/ゆりやんレトリィバァ/祇園 木崎/他
【日時】7月15日(金) 18:40開場 19:00開演
【料金】前売全席指定¥3,000|当日全席指定¥3,500

=========================

17時台のゲストは、吉本新喜劇 から 秋田久美子 さん!

2016.6.30.5

ベテラン座員で中條さんの奥さんとしても有名な秋田久美子さん。
中條さんといえば『緑』ですが、実際に、家のカーテンは緑、食器も緑だそう。
吉田たちのお2人も大阪の新喜劇をみてきたファンとして喜んでいました。
「結構、中條さんは家でも中條さんされているんですね。」とゆうへいさん。
自分で揃えているというよりも貰い物が極端に緑のものばっかりでそうです!
最近では差し入れも緑のマカロン。秋田さんの衣装も緑が多くなってきているそうですが、
衣装さんには、いじられている疑惑もでていました!

2016.6.30.4

=========================

**16時台コーナー**
「感情爆発!キレたりホメたりする双子!!」のコーナーでは、
吉田たちが芸人としての対応力を磨くべく、キーワードを曲調にあわせて
「ブチ切れたり」「ホメたり」するコーナーです。
リスナーの皆さんからは、吉田たちに「キレたりホメたりしてほしいキーワード」を募集しています!

17時台コーナー
「秀才!こうへい動物園」」(ストリーミングコーナー)
吉田たちこうへいが、SNS等で開園している「こうへい動物園」をよりよくするために毎回テーマを用意し、
そのテーマに沿った意見をリスナーの皆さんからもらい、取り入れようというコーナーです。
リスナーの皆さんから、「こうへい動物園」をよくするための意見を募集します。

次回のテーマは『乗馬・乳搾りに続く体験型の新しいサービス何かないですか?』です。

また、7/7(木)のオンストメッセージテーマは
『子どものときにはやった変な遊び』です。

メールアドレスは onst@yesfm.jp まで!
たくさんのお便りお待ちしております☆

2016.6.30.6
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【この日のオンエアー曲】
1.「セロリ」 / 山崎まさよし(ゆうへいさんの選曲)
2.「あの紙ヒコーキ くもり空わって」/ 19(こうへいさんの選曲)
3.「オンリーワンダー」 / フレデリック(6月のリコメンナンバ)
4.「夢日和」 / 瀬川あやか
5.「水無月」 / 秦基博