The Symphony Time

1月24日 「ロリン・マゼール①」

毎週土曜日、午前10:00より放送していますクラシック音楽番組「The Symphony Time
お楽しみ頂けてますでしょうか?

この番組は、「分かりやすく・聴きやすく・楽しい」をコンセプトに、
クラシックに馴染みの無い方でも楽しんで頂けるよう、作曲者や楽曲に隠された物語や、クラシックに関する豆知識などをお届けしています。

今までは作曲者に注目してお送りしてきたのですが、今週からは指揮者に焦点を当ててお送りします。
まずは第1弾として昨年亡くなられた巨匠「ロリン・マゼール」が指揮を振った音源を聞いて頂きました。

お送りした曲は
ドビュッシー作曲 : 交響詩「ラメア(海)」
ドビュッシー作曲 : ノクターン(夜想曲)第3章シレーヌ
でした。

8歳の時に指揮者としてデビューを果たしたマゼールは、10代半ばにはアメリカの代表的なオーケストラのほとんどすべてを指揮したという物凄い経歴を持つ巨匠なんです。
そんなマゼールがウィーンフィル演奏のもとドビュッシーの名曲を届けた音源を聞いていただいたのですが、いかがでしたでしょうか。
来週・再来週とマゼールが指揮を振った音源をお届けしますので、是非お楽しみに!

**

この番組ではお便り、リクエストメッセージを募集しています。
「クラシックについて教えて欲しい!」「この曲って良く聞くけど、どんな曲なの?」
など、なんでも構いません!
採用された方の中から抽選で、「The Symphony Hall・オリジナルレターセット」をプレゼントしますので、是非お送りください。
symphony_letterset
メールの方は otayori@yesfm.jp
また番組のリクエストフォームから応募もできますよ!
沢山のメッセージお待ちしております。