The Symphony Time

8月2日 「ブラームス」

毎週土曜日、午前10:00より放送していますクラシック音楽番組「The Symphony Time
お楽しみ頂けてますでしょうか?

この番組は、「分かりやすく・聴きやすく・楽しい」をコンセプトに、
クラシックに馴染みの無い方でも楽しんで頂けるよう、作曲者や楽曲に隠された物語や、クラシックに関する豆知識などをお届けしています。

先週に引き続き、今日も「ヨハネス・ブラームス」に焦点を当ててお送りしました。
本日、聞いて頂いた曲は
1曲目)「交響曲4番」より 第1楽章、第3楽章、第4楽章
2曲目)「ハイドンの主題による変奏曲」より コラール、フィナーレ
でした。

先週は、ブラームスの私生活について少しお話をしましたが、名が世に出だして生活が裕福になってきた晩年も贅沢はせず、若い音楽家たちを育てるために、学費などの資金援助をしてきたブラームス。
ドヴォルザークもそんなブラームスに支えられた作曲家の1人だったというエピソードも聞いて頂きました。
当時の音楽家たちが、そうやって繋がったり支え合って来た事がクラシック音楽を作って来たんですね。

さて、次回からは最もメジャーともいえる作曲家、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」をテーマにクラシックの歴史を紐解いていきます。
お楽しみに!

**

この番組ではお便り、リクエストメッセージを募集しています。
「クラシックについて教えて欲しい!」「この曲って良く聞くけど、どんな曲なの?」
など、なんでも構いません!
採用された方には、「The Symphony Hall・オリジナルレターセット」をプレゼントしますので、是非お送りください。
symphony_letterset
メールの方は otayori@yesfm.jp
また番組のリクエストフォームから応募もできますよ!
沢山のメッセージお待ちしております。