The Symphony Time

10月18日 「シベリウス」

毎週土曜日、午前10:00より放送していますクラシック音楽番組「The Symphony Time
お楽しみ頂けてますでしょうか?

この番組は、「分かりやすく・聴きやすく・楽しい」をコンセプトに、
クラシックに馴染みの無い方でも楽しんで頂けるよう、作曲者や楽曲に隠された物語や、クラシックに関する豆知識などをお届けしています。

先週に引き続き、「ジャン・シベリウス」が手掛けた曲をお届けしました。

お送りした曲は
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
交響詩「フィンランディア」 作品26(合唱版)
です。

シベリウスは音楽一家として生まれ、特にヴァイオリンの腕は一流だったそうです。
そんなシベリウスだから作り出せたヴァイオリン協奏曲。
本当にきれいな音色に、酔いしれて頂けたでしょうか?

シベリウスは、当時ロシアの支配下にありながらも自身の音楽スタイルを保ち、その真っ直ぐな想いが後世までこういった作品を残す事に繋がっているんでしょうね。
そういった時の流れも感じながらこの番組を聞いて頂くのも良いかもしれませんね^^

次週はどんな音楽の歴史を紐解いていくのか・・・お楽しみに。

**

この番組ではお便り、リクエストメッセージを募集しています。
「クラシックについて教えて欲しい!」「この曲って良く聞くけど、どんな曲なの?」
など、なんでも構いません!
採用された方には、「The Symphony Hall・オリジナルレターセット」をプレゼントしますので、是非お送りください。
symphony_letterset
メールの方は otayori@yesfm.jp
また番組のリクエストフォームから応募もできますよ!
沢山のメッセージお待ちしております。