The Symphony Time

11月29日 「シュトラウス」

毎週土曜日、午前10:00より放送していますクラシック音楽番組「The Symphony Time
お楽しみ頂けてますでしょうか?

この番組は、「分かりやすく・聴きやすく・楽しい」をコンセプトに、
クラシックに馴染みの無い方でも楽しんで頂けるよう、作曲者や楽曲に隠された物語や、クラシックに関する豆知識などをお届けしています。

今週は「リヒャルト・シュトラウス」が手掛けた曲をお届けしました。

お送りした曲は
ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
死と変容
です。

奥さんが恐妻家としても有名と、以前にも紹介しましたよね。
今回は、そんなシュトラウスの交響詩を聞いて頂きました。

1曲目の「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」は、ドラマ【のだめカンタービレ】で演奏された事でも話題になった曲なので耳なじみの方も多いんじゃないでしょうか?
シュトラウスにしては珍しく明るく愉快な曲調と、グリッサンドという技法を用いた曲なんです。
打って変わって2曲目には「死と変容」という死への恐怖を綴った少し重々しい曲を聞いて頂きました。
晩年のシュトラウスの曲はこのように少し重く静かなメロディラインで終わる曲が多いんだとか。

1人の作曲家が生み出した『陰と陽』を聞き比べてみると、その当時の背景や心情なども伺えますよね。

さて、次週も同じくシュトラウスに焦点を当ててお送りしていきますよ!
是非、お楽しみに。

**

この番組ではお便り、リクエストメッセージを募集しています。
「クラシックについて教えて欲しい!」「この曲って良く聞くけど、どんな曲なの?」
など、なんでも構いません!
採用された方には、「The Symphony Hall・オリジナルレターセット」をプレゼントしますので、是非お送りください。
symphony_letterset
メールの方は otayori@yesfm.jp
また番組のリクエストフォームから応募もできますよ!
沢山のメッセージお待ちしております。