The Symphony Time

12月13日 「ベートーヴェン」

毎週土曜日、午前10:00より放送していますクラシック音楽番組「The Symphony Time
お楽しみ頂けてますでしょうか?

この番組は、「分かりやすく・聴きやすく・楽しい」をコンセプトに、
クラシックに馴染みの無い方でも楽しんで頂けるよう、作曲者や楽曲に隠された物語や、クラシックに関する豆知識などをお届けしています。

今週は「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」が手掛けた曲をお届けしました。

お送りした曲は
交響曲第9番より 第1楽章、第2楽章
劇音楽「エグモント」
でした。

今回はいよいよ年末という事で、ベートーヴェンの中でも有名な「第9(ダイク)」を聞いて頂きました。
毎年年末に日本各地で演奏されている事もあり、誰しも一度は耳にしたことはありますよね。
この曲は実は海外ではあまり演奏されないことを知っていましたか?
戦後、復興の祈りも込めた当時の演奏家たちが盛り上げようと演奏した事から、日本では毎年年末に演奏されるそうなんです。
ベートーヴェンの作った最後のシンフォニーだけあって、改めて聞くと、1楽章から勢いを感じますよね。
時間の都合で今週は2楽章までしかオンエアー出来なかった為、来週は3・4楽章とつづけてオンエアーしていきますよ!

師走の忙しい時に、土曜の朝だけでもゆっくり過ごしてくださいね。
来週も是非、お楽しみに。

**

この番組ではお便り、リクエストメッセージを募集しています。
「クラシックについて教えて欲しい!」「この曲って良く聞くけど、どんな曲なの?」
など、なんでも構いません!
採用された方の中から抽選で、「The Symphony Hall・オリジナルレターセット」をプレゼントしますので、是非お送りください。
symphony_letterset
メールの方は otayori@yesfm.jp
また番組のリクエストフォームから応募もできますよ!
沢山のメッセージお待ちしております。