The Symphony Time

9月5日 「ベルリオーズ」

毎週土曜日、午前10:00より放送していますクラシック音楽番組「The Symphony Time
お楽しみ頂けてますでしょうか。

この番組は、「分かりやすく・聴きやすく・楽しい」をコンセプトに、
クラシックに馴染みの無い方でも楽しんで頂けるよう、作曲者や楽曲に隠された物語や、クラシックに関する豆知識などをお届けしています。

**

今週は「エクトル・ベルリオーズ」の楽曲をお届けしました。

先週まではアメリカの作曲家を取り上げてきましたが、今回はフランスの作曲家、ベルリオーズをピックアップしました。
1803年に生まれたベルリオーズ、実は音楽家として順風満帆な人生を歩んでいたわけではなく、本当は医師になりたかったんだそう。
しかし、そこで思わぬ挫折を経験し、音楽家へと転身をしたんです。

ロマン派の先駆けと言われるベルリオーズは、今回お送りした、幻想交響曲に代表されるように、その当時ではまだ珍しかった大編成でのスタイルを確立したキーパーソンというのも知らない方は多いんじゃないでしょうか。
勢いのある曲と繊細なメロディーを紡いだ曲、2曲とも聞いていただいたのですが、これからの芸術の季節にぴったりな曲調だったのではないでしょうか。

次週はどんな曲が流れるかお楽しみに!

【本日お送りした曲】
●エクトル・ベルリオーズ作曲
幻想交響曲 より 第1.4.5楽章
序曲「ローマの謝肉祭」

**

この番組ではお便り、リクエストメッセージを募集しています。
「クラシックについて教えて欲しい!」「この曲って良く聞くけど、どんな曲なの?」
など、なんでも構いません!
採用された方の中から抽選で、「The Symphony Hall・オリジナルレターセット」をプレゼントしますので、是非お送りください。
symphony_letterset
メールの方は otayori@yesfm.jp
また番組のリクエストフォームから応募もできますよ!
沢山のメッセージお待ちしております。